HOME > 最新設備紹介

最新設備紹介

当院では最新設備を用いて患者様の症状に合わせた治療を致しております。
当院で利用している最新設備をご紹介いたします。

デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

デジタルレントゲンは、少ない被爆線量で鮮明な画像が得られます。従来のレントゲン撮影法よりも最大1/10の線量で画質もクリアです。簡単に申し上げると、従来のレントゲン撮影の1枚分の被爆量で10枚撮影ができるという事です。

ワンポイント

デジタルレントゲン ワンポイント

デジタルレントゲンを使えば診療台のパソコン画面に映し出される写真をみながらわかりやすく説明することが可能です。 デジタルですので、拡大したり縮小したりすることもでき、患者様に丁寧に説明をすることが出来ます。

高周波治療器(cosmo i cure)

高周波治療器

特に根管治療(根の病気)や歯周病治療に有効です。高い滅菌効果を発揮し、治療時間が短縮されます。
その他の適応として

  • 口内炎の治療
  • 知覚過敏処置
  • 外科処置後の消毒
  • 舌痛症
  • 口腔乾燥症
  • 顎関節症の治療

などがあります。

レーザー治療器

レーザー治療器

今までの歯科治療といえば、「抜く」「削る」「痛い」などといった不快なイメージが強かったのですが、レーザーは痛みを和らげ、「抜く」とか「削る」ことを最小限にします。歯グキなどのハレをおさえ、歯周病を治療し、キズの治りを早くするだけでなく虫歯になりにくくします。
その他にも歯肉の黒ずみを消したり、知覚過敏を抑えたり、口内炎の痛みを軽減するなど、いろいろな治療に使用されています。

レーザー治療の詳細はこちらをご覧ください。

ダイアグノデント(痛くないレーザーによる正確なむし歯測定)

ダイアグノデント

最先端のレーザー光線で歯質の変化を瞬時に発見し、隠れたむし歯を正確に測定します。
従ってむし歯が知らないうちに進行していく前に、見えないむし歯を確実に把握することができ、むし歯の拡大・進行を抑えることに大変役立ちます。むし歯の測定状況を数値で表すので患者様にも確認していただくことができます。

ページトップへ

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器

電動麻酔注射器は、細い針を使用しているため、刺した時の痛みが非常に抑えられています。また、機械の圧力で麻酔液を注入するため、ゆっくり痛くないように注入が出来ます。

どんな痛みであれ、痛みとは不快なものです。 当院では、注射による麻酔自体の痛みをなくすために、表面麻酔という事前処置(クリームを塗るだけです)をほとんどの患者様に行ってから麻酔をかけるため、痛みはほとんど感じません。

電気歯髄診断機

電気歯髄診断機

電気歯髄診断機を使って、歯に弱い電気を流して、その反応で神経の状態を知ることができます。

口腔内カメラ

口腔内カメラ

患者様ご自身の目でお口の中の状態を見ていただき、詳しく知っていただいた上で治療をおこなっています。

口腔内カメラ2

口腔内カメラで撮影した写真を診療台のパソコン画面に映し出すことができます。患者様へのわかりやすい説明のために使用します。

位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

感染症である歯周病と虫歯の細菌を見ることができます。パソコンに取り込むことによって口腔内映像や写真を、患者さんに説明することが出来ます。

ページトップへ